2009年06月03日

白夜

Lunatic Soul
Lunatic Soul
B001DFISUK

RiversideのヴォーカリストMariusz Duda氏のソロ・プロジェクトだそうで、昨年秋に出てました。Riversideっぽい(というかMariusz Duda氏っぽいのだろう)メロディーやプログレ的展開がそこかしこに潜んでいますが、メタルの攻撃的要素が一切ないうえ、無国籍風のパーカッションやアコースティックな音色のせいで、ヒーリングミュージックに近いぐらい派手さは抑えられています。でもそこはRiversideなので決して昼間の太陽のような明るさはありません。たとえるなら白夜の草原の中をゆくような。

神々しいまでのM4: Summerlandを初めとする最初の数曲は素晴らしいですが、最初の一枚ということでまだ方向性を模索しているように思えます。存在感はやはり本家に比べると少し見劣りします。それでもデビュー作として見ればものすごいクオリティー。こういうアプローチも出来るのだと作品として見せてくれたのは嬉しいです(なんせ私のツボの音だから!笑)。出来れば次作も出してほしい。

冷たく、しかし美しく穏やかなメロディーと、繰り返されるパーカッションのリズムの心地よいこと心地よいこと。瞑想に最高な一枚です。

Lunatic Soul 公式ウェブサイト
Lunatic Soul 公式マイスペ

今月発売の本家の新作も楽しみ!!
Anno Domini High Definition: +DVD
Riverside
B0026ZNL7Q

posted by きょん at 13:37| ロサンゼルス 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120790872

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。