2006年02月01日

Dream Theater / Metropolis Pt.2: Scenes From A Memory

Metropolis Pt.2.jpg

なんじゃこれ!!(笑)こういうの好きです!!曲構成からサウンドから何から、ひたすら仰々しい!ここまでくると笑えるっていうぐらいの仰々しさ!

わかりやすく言えばサウンドはプログレ+メタルでしょう。曲目を見るとアルバムの構成からしてオペラのようになっていてまずびっくり。再生ボタンを押すといきなりカチカチという時計の音と、静かに語りかけてくる男性の声にまた面食らいます。カウントダウン、そして幕開ける壮大な夢劇場。

タイトルに負けず長ったらしく複雑な曲構成、荘厳なクラシックの要素。各楽器がつむぎだす恐ろしいほど凝ったフレーズ。変拍子多用。インスト部分多し、長し。「なんじゃこりゃ!」「そうきたかー!」の連発。ここまでやってくれると芸術の域。

特にT9 "The Dance Of Eternity"はのっけからやりたい放題の超絶難解プログレメタル。超変拍子、複雑すぎる曲展開。もう何が何だかわからなすぎて笑えます。2分30秒過ぎに突然クラシックなピアノ(速い!)が入ったかと思うと、再びひたすら超複雑メタルが続き、あれっまたキレイなピアノだ〜ここからはバラード?と思ったらいつの間にかT10に移っていたのでした。

こんなふうに書くととんでもなくとっつきにくいマニア音楽のように聞こえますが、メロディーなんかはけっこうキャッチーでキレイなので聴きやすいと思います。T2 "Overture 1928"などは映画のサントラに使えるんじゃないかと思うほど荘厳で勇ましいドラマティックな名曲だし、T11 "The Spirit Carries On"はゆるやかで感動的なバラード。メタルという言葉から連想する攻撃性・暴力性というものは感じられず、全編を通して迫り来るのはむしろ崇高なまでの美しさ。「ゴシック」という単語を思い浮かべてしまいましたね。クラシカルで荘厳で、仰々しいほどに技巧派。まあこういう音楽って、受け付けない人は全く受け付けないんでしょうけど……。やっぱりマニア音楽なんだろうなあ……

あとこの作品はコンセプトアルバムとしても素晴らしいです。全体が物語になっていてなんと登場人物まで記載されています。ぜひ歌詞(この表現なぜか違和感あるなあ)にも目を通してみてください。美しく悲しいドラマがあります。暗いです。泣けます。


芸術的な大名盤だと思います。凝った展開の音楽や仰々しい音楽、変わったものが好きな人はぜひお試しください。よくここまでやった!あっぱれ!!
もっともっと他の作品も聴きたくなりました。


MySpaceでT5 "Fatal Tragedy"がフルで試聴可能。かぁっこいい、ですよ!
http://www.myspace.com/dreamtheater


♪BGM: Dream Theater / Metropolis Pt.2: Scenes From A Memory
あー、それにしても長いなこのタイトル(笑)


ラベル:Dream Theater
posted by きょん at 02:03| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | ◆Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メール打ちながら寝てもーて、朝早く目覚め…

これですかぇ、よさげじゃのぅ

笑える音楽最高です

10ccとかに始まりslipknotなどなどなど
Posted by ばる at 2006年02月01日 07:04
コメントどうもでした。
ドリームシアター??
プロフィールのとこに書いてある感じから意外な方向に進んでますね?
おれも聴いてみようかな?
Posted by ロックフェスファン at 2006年02月01日 19:59
はじめまして
自分もDREAM THEATERを聴くまではフツーのロックが
好きでしたが、彼らを聴いてからどっぷりハマりました。

Metropolis Pt.2: Scenes From A MemoryのライヴDVDはもっと過激ですのでオススメします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AU1IXI/qid=1138798214/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl15/249-6978032-4193968

http://www.h4.dion.ne.jp/~berger/
(今は休止中ですがウチのサイトです)

では。
Posted by ベルガァ at 2006年02月01日 21:58
>ばるさん
そうですねぇ、けっこう笑えるとかいろいろ書いちゃったかもですが、
面白くて、かっこいい!!ですよ。このバンドは。
技術もセンスもすごいです。
ある種極限までいってしまってるので、「やられた〜」「参りました〜」と笑っちゃいましたね。

>ロックフェスファンさん
基本的に雑食体質なので、良さそうと思ったら何でも手を出してしまいます。
メタルはまだまだ入り口に立ったばかりなんですけど、
いきなりすごいものに出会ってしまった気がしてます。
とっても壮大で感動的なので興味をお持ちでしたらぜひお聞きください。

>ベルガァさん
はじめまして!コメントありがとうございます!
これはハマリますよねぇ。いろんな意味で、フツーじゃないです(笑)究極の芸術ですよ、これは。
楽器隊のテクニックもすごいですが、ラブリエさんの歌唱力にも感激しました。
来日公演見たかったですー。
Posted by きょん at 2006年02月02日 01:05
こんばんは
ドリムシのキーボード(ジョーダン・ルーデス)の指の動きはめっちゃ速ですので、音と映像で是非。
ドラムもベースもすごいですが…
今回の来日ではラブリエ氏のヴォーカルは、皆絶賛でしたヨ。
link歓迎です、以後もヨロシクです。
Posted by ベルガァ at 2006年02月02日 22:55
>ベルガァさん
キーボードもすごいですよね。映像見てみたいです。
ラブリエさんの歌、生で聴きたいなあ。また来ないかなあ(笑)
これからもぜひよろしくお願いします。
Posted by きょん at 2006年02月03日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Dream Theater
Excerpt: ・ Instrumedly (Live At Budokan) アメリカ産プログレッシヴメタル。ある
Weblog: 文化芸術暴論
Tracked: 2007-03-18 18:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。