2006年02月14日

Riverside / Out Of Myself

Out Of Myself.jpg

ドリムシさんの虜とはいえ、ドリムシさんはあまりにも正統派な音なのでもう少し暗い感じのはないのかな、とネットで探していたらこの人たちに出会いました。初めてのお買い物@アマゾン。なぜならいつも利用しているタワレコに置いてなかったから。その理由何となくわかります。こういう音楽が大衆ウケするとは思えませんから。

暗鬱プログレ。こんなジャンル、メジャーになったらおかしいですよね。ややメタルっぽい要素はまだしも、どよどよに暗くて、そのうえインテリ・難解だなんて。でもそんなのにとらわれずとにかく聴いてほしいです。だって美しすぎるんです。

たとえるならば、誰も踏み入れない山奥にある、霧につつまれた深い深い湖。冷たく透明な水が体に染み渡って、ゆっくり沈んでいくような、静かな美しさ。攻撃性はそれほど強くなく、メタルと言ってしまうには少し違和感があるかも。ヴォーカルは割とクリーンで、メロディーも哀愁があって綺麗です。気だるく物悲しい歌モノから壮大なインストまで、個々の曲はもちろん全体の流れも素晴らしい!彼らの音楽は実にさりげなく浸透してくるので、なめてかかると光も見えないほど深い湖の底から出られなくなります。影が広がる…冷たさが染みてゆく…音が反響して体を包み込む……果てしない闇で満ちていく……ああ幸せ(笑)

それにしてもものすごく「雰囲気」のあるアルバム。落ち着いた大人向けの映画でも観ているような気分になります。曲の始まりや終わりに、人のざわめき、タバコに火をつけてフーッと息を吐く音、電話の呼び出し音、時計の音などが入っていて、情景が浮かんできます。

Maynard James Keenanに続き、個人的にはこのヴォーカルもかなり好きです。Mariusz Duda…何て読むんでしょう?ポーランド人の名前なんてわかんない………。


沈むように音楽に浸りたい人、聴いてください。
バンドの公式サイトでT7 "In Two Minds"がフルで試聴できます。↓
http://www.riverside.art.pl/eng/d_outofmyself.html
この曲はプログレ要素もなくとっても綺麗で聞きやすく、彼らの深く美しい影の世界を垣間見ることができます。

上のジャケにリンクを貼ったAmazonに加え(カスタマーレビューは参考になります)、HMVのサイトでもフルではないですが全曲試聴できます。↓
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1811084
私はT2のアルバムタイトル曲とT8 "The Curtain Falls"が特に好きです!でも全部いいです!捨て曲なし!昨年末に出たという2ndアルバムも気になりますね。


♪BGM: Riverside / Out Of Myself


ラベル:RIVERSIDE
posted by きょん at 22:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。