2006年02月20日

The Vines / Winning Days

Winning Days.jpg

色鮮やかでセンスあるオシャレなジャケット、しかしスピーカーから流れてきたのは泥臭くて憂鬱な、男のロック。いい意味でのこの気だるさ、NIRVANAを思い浮かべてしまったんですけど。どうやらグランジの精神が入ってるようです、この人たち。

Evil is what you areなんていきなり歌い出されてまず「ごめんなさい」。そのあとアコースティックにThe winning days are goneと歌われてもう「参りました」。T11 "F.T.W."なんて歪んだギターがぎゃんぎゃん鳴ってて、気だるい声で♪C'mon f**k the world〜♪と連呼。しかもけっこう踊れるんですよこれが。

中ジャケの写真を見る限りではこんなにまっすぐな目の、少年のようなルックスなのに。こんなに荒んでていいんですか。それをサラーリ何気なく歌っちゃっていいんですか。純粋すぎてこうなってしまったんですか。実は強がってるんですか。まっすぐすぎる瞳の奥に、今にも壊れそうな繊細さが見えます。

憂鬱と虚無感の向こうに見える繊細な美しさは、Radioheadにも通じる気がします。かっこいいなー。かっこいいなー。もうすぐ新作が発売されるそうです!チェックせねば!


♪BGM: The Vines / Winning Days


ラベル:The Vines
posted by きょん at 18:17| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ◆Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(自分の)ガレージ四天王に入るThe Vinesのレビューい〜ねぇ〜

〜ここで紹介〜

The Vinesはクレイグ、ライアン、パトリック、ヘイミッシュの4人、オーストラリアのメルボルンで91年結成←確か。フロントマンのクレイグは頭は人より良くて芸術に対し執着心が人より強いけど一般社会に適応しにくいという自閉症の一種らしい……よ。オーストラリア行った時雑誌のバックナンバーでコンサート中にカメラマンか誰かに暴力振るったとか?精神不安定(?)で活動休止してたのに新譜が3月29日(?)に出るみたいです!

って予約したくせに…

というほど気に入っておりまする
Posted by ばる at 2006年02月20日 21:00
一昨年のライブ時F.T.W.と1stのGet Freeでの盛り上がりで
心斎橋のクアトロは床が抜けそうでした。
クレイグ君は旅行が大キライだそうですが
がんばって夏には来て欲しいですね〜。
Posted by Blue at 2006年02月21日 23:28
>ばる
詳しい紹介ありがとう〜!さっすがオージー好きですね!もう1枚のアルバムもすぐに聴いてみます。

>Blueさん
あのクアトロ、床がギシギシいって怖いですよね(笑)まさかビルのあんな上にライブハウスがあるとも思わなかったし…。夏フェス来てほしいですねー!来そうな予感するんですけどねー。
Posted by きょん at 2006年02月23日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。