2006年04月14日

The Vines / Vision Valley

Vision Valley
The Vines
B000EMGJJU



長い沈黙を経て復活の3rdアルバム。短い。短い。ほとんどの曲が2〜3分で、え、もう次の曲?え、もうここまで進んだの?え、終わったの?という具合にあっという間に過ぎ去ってしまいます。その短さのせいもあり、1stほどの衝撃はありませんし完成度では2ndに劣るかもしれません。真っ黒なジャケットのとおり派手さにも欠けます。しかし今の彼らにそんなもの求めてはいけません。復活の第1歩としてはこれでいいと思うのです。

クレイグの虚ろな歌と叫びは健在です。相変わらずのヴァインズサウンドに関しては何もいうことはありませんし、ラストのSpaceshipの壮大さは成長の芽が見えるようで、次のアルバムを期待させてくれます。

闇のような数年間を越えてようやく立ち上がり、辺りを見渡し、そこにいる自分を認識する。ボロボロだけど、生きている自分。かろうじて立っている自分。そしてやっとつぶやいた言葉、発した声。


僕は葡萄の蔓(Vine)
ねじれまくり 擦り切れながら 
光を求めてるんだ
四方八方で
 ("Anysound"より)


それが彼らのありのままの姿。その声を聞かせてくれたこと、帰ってきてくれたことを素直に嬉しく思います。やっぱりこの音この声このメロディー、好きです。おかえりヴァインズ。


ラベル:The Vines
posted by きょん at 23:49| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | ◆Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつの日かまたライブを見てみたいですが
別に無理しなくてもいいですクレイグくん。

ほんっとうに帰ってきてくれたことがなにより嬉しいですもんね。
それだけで他になにも言うことなどないや。
Posted by Blue at 2006年04月15日 00:39
僕もこのアルバム、購入候補に入ってます。
2nd、凄く良かったんで。
ライブは見たことないんですけど、凄く評判いいですよね。
一度、ライブで観てみたいなー。
Posted by K at 2006年04月16日 02:04
>Blueさん
そうですよね!まずは無事に新作が聴けて本当に良かったです。いつかまた日本に来てくれるまで気長に待ちましょう。

>Kさん
2ndはよくできたアルバムだと思いますよ。今作もいいんですけどね、やっぱりまだようやく立ち上がったばかり、という感じで勢いは足りないかもしれません。それでもThe Vinesが好きな人なら聴いておくべきですね。基本的な音は変わってないですし、何より「今の彼ら」が音に出ていると思うので。私もライブはまだ見たことないんですー。
Posted by きょん at 2006年04月17日 00:07
はじめまして。
Blueさんの所から飛んできました。

色々とバンドを巡る悪いニュースばかり目に
していたので、新譜であのThe Vinesの音が
出ている事だけで感動的でした。
曲短いけど聴き込むと染みてくるし。

Spaceshipは名曲ですよね。
Posted by ハム太郎 at 2006年04月17日 01:19
>ハム太郎さん
はじめまして!!コメントありがとうございます。
Spaceship大好きです!なんかいろいろ厳しいこと書いたかもしれませんけどこのアルバム大好きです。Don't Listen To The Radioとかついつい口ずさんでしまいます。
Posted by きょん at 2006年04月18日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

The Vines/Vision Valley
Excerpt: 年間ベストアルバム候補です。 それくらい素晴らしいアルバム。 余分な音をそぎ落としたシンプルさ。 フックのあるアレンジ。 秀逸なメロディ。 今回は歌詞も素晴らしい。 全13曲で30分強。 ..
Weblog: rock disc diary
Tracked: 2006-04-19 10:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。