2006年06月14日

欲しいリスト2006年6月

久しぶりのタワレコ。いつの間にかまたいろいろ出てますね。行くたびに欲しいCDが増えます。嬉しいような困ったような。


Under the Iron SeaUnder the Iron Sea
Keane

by G-Tools

大変貌をとげたと聞いて逆にワクワクしています。同じことをずっとやっているバンドよりアルバムごとにどんどん変化するバンドのほうが私は好きなので。

Liberation TransmissionLiberation Transmission
Lostprophets

by G-Tools

これももう出てましたね〜!ザッと試聴した感じ、超エモーショナル。ややキャッチーになりすぎた気もするけどやっぱり好きです。

ボーン・フォーボーン・フォー
ジャカロープ

by G-Tools

こちらもいつの間にか2ndが…。トレントがらみとなるとついついチェックしちゃいます。ケイティー嬢の可愛らしい声がややポップすぎて私には物足らないのですが、逆にダークな音との対比がいいのかもしれませんねぇ。

Out of the AngelesOut of the Angeles
Amusement Parks on Fire

by G-Tools

シューゲイザー系要注目新人!今年のサマソニ新人バンドの中ではあまり知られていないほうだと思うのですが、これはかなり危険なにおいがしますよ。タワレコの紹介文には「マイブラ、シガーロス好きにオススメ」とありました。聴いときましょう、皆さん!

Black Holes and RevelationsBlack Holes and Revelations
Muse

by G-Tools

もちろん買います!今月いちばんの楽しみ。あれから更に壮大になっているらしいじゃないですか。どうなっちゃうんだろう…。

Cum LaudeCum Laude
The Velvet Teen

by G-Tools

■The Velvet Teen / Cum Laude
rockin'onのディスクレビューを読む限りかなりぶっ飛んでいるようですよ。


おまけ。

The EraserThe Eraser
Thom Yorke

by G-Tools

これは7月発売ですけどね。絶対絶対買います。何が何でも買います。この人(たち)なら必ず完成度の高い芸術品を作ってくる、という確信があるからです。来年リリースを予定しているRADIOHEADの新作は更に楽しみ。

もひとつおまけ。
JukeboxJukebox
Bent Fabric

by G-Tools

けっこう前に出たやつです。やっぱり欲しいなぁ。すんごくセンスがよくて楽しい音楽ですよね。おじいちゃんなのに…すごいなぁ…。


ズラズラと書きましたが財布にそんな余裕があるはずもないので、もちろん絞っていきますよ。



昨日はテンション真っ黒けで大変失礼しました。まぁそういう時もあるよね、と流してやってください。ちょっと一段落したのでもう大丈夫です。支えてくれる人もいるし。


posted by きょん at 23:39| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | Days | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
U2の「one」という曲に「支えあってひとつになる」という歌詞があって、
家族、友人、恋人同士、社会でこういう気持ちを持ち寄り合うのは大切だなぁと思うことがありますね。
僕はきょんさんより長く人生を経験してると思いますが、今になって思う事は悩みや困難を自分がどうやって乗り越えてきたかを考えると、意外と「気の持ち様」だった気がします。
後は「止まない雨は無い」って本当だったりとか。
何だか的を得てないコメントですいません。

話変わりますが、Keaneはかなり良かったですよ。
Out Of The Angelesは良さそうな雰囲気ですね。
シューゲイザー系、結構ハマったんでチェックしてみようかと。
Bent Fablicは聴き込むというよりは生活のバックミュージックとしての聴き方になりがちですね。
でも何となく気持ちがハッピーになってくるような一枚でしたね。
Posted by K at 2006年06月15日 02:36
KEANEはうちからもお薦めいたしますよw
JakalopeもMUSEもVelvetも気になりますね〜
うち2枚は確実に先延ばしです…orz

MUSEのPVがYoutubeにありましたけど、すごいカオティックです。
マンソンかと思いましたw
Posted by ミキティ at 2006年06月15日 08:35
まー結局全部買うハメに…
Jakalopeは軽いのイヤならとりあえずスルーかなぁ。
悪くないけどね。KEANEは買いかと。
Posted by ねんそ at 2006年06月15日 09:38
MUSEがとんでもない事になっています。
重厚・壮大・ヘヴィ・ドラマチック!!
今年の新譜で一番かも知れません。
Posted by ハム太郎 at 2006年06月16日 02:52
>Kさん
ありがとうございます。「気の持ち様」、そうですね。そうやって乗り越えられることってたくさんあると思います。ほとんどそうかもしれません。あとやっぱり、どんなときも自分一人じゃないから歩いてこれたんだなーってよく思います。

Bent Fablicは確かに、聞き込むって感じではないですね。何となく楽しくなりたいから流そうかな、という。それもまあ一つの聴き方でしょうけど。

>ミキティさん
おおっとKEANEの評判いいんですね。試聴せねば…。
MUSEのPV見ましたよ。マンソンと同じ監督でしたっけ?あれっ、違ったかな??でもそういう雰囲気ですよね。MUSEがやると妙に笑えましたけど(笑)

>ねんそさん
全部ですか!?(笑)でもすでに心の中で4枚は決定していますよ…。そして今度タワレコに行ったときにはさらに候補が増えるのでしょう…

>ハム太郎さん
と、とんでもないんですか!?確かに今年最も楽しみにしているアルバムの一つですが…。すでにライヴ映像などで少しは見ましたけど、まだ私は掴めない感じですねぇ。ドキドキして発売日を待ちましょう!
Posted by きょん at 2006年06月16日 23:52
Bent Fabricは気になっております

HMVで試聴したら凄く良かった!
Posted by ばる at 2006年06月19日 14:37
>ばる
Bent Fabricいいよねぇ!まあかなり無難に聴ける健康的な音楽なんだけど、どうしてもウキウキしてしまうあのノリと、お洒落なピアノと、80歳超えたじーちゃんがこんなに素敵なパーティーミュージックを作ってしまうという事実。世の中まだまだ捨てたもんじゃないなぁ。
Posted by きょん at 2006年06月19日 17:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。