2006年10月06日

Radiohead / Pablo Honey

Pablo Honey.jpg

ラジオからゆっくり流れてきた"Creep"のイントロに「おっ、久々やん」とにやついていたら、突然"I wish I were special"のフレーズが鼓膜を突き破ってきてとても胸が痛くなりました。この曲こんなに存在感あったっけ。慌てて手持ちのデジタルオーディオを取り出してこのアルバムを聴きなおすのでした。どうしても最近の作品と比べてしまって「若いなー」と微笑まずにはいられませんでしたが。いいなあ。やっぱりいつ聴いても好きだなあ、このバンド。


I wish I were special.
But I'm a creep.

ああ、ほんとに。


ラベル:Radiohead
posted by きょん at 17:40| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ◆Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー。お久しぶりです。
僕、いまだにこのアルバム大好きです。クリープ聴いても今でもぐぉ〜ってきます。我ながら「若いなー」と思います(笑・・)。
Posted by muse at 2006年10月19日 12:58
>museさん
なんか胸が締め付けられますよね、この曲。Radioheadの作品はどれも大好きです。このアルバムはほんとに若いですよね。いまやトムさんの髪は…(以下省略・笑)いえいえ失礼しました。
Posted by きょん at 2006年10月19日 14:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

レディオヘッド『ライヴ・アット・アストリア』YouTubeで視聴
Excerpt: 以前「美形ボーカリスト、トム・ヨーク」という記事でもご紹介したレディオヘッドのライブ・ビデオ『RADIOHEAD LIVE AT ASTRIA』がYouTubeでも見られるのを見つけました。実際の商品..
Weblog: Muse on Music.
Tracked: 2006-10-19 13:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。