2007年01月29日

Wolfmother @心斎橋Club Quattro

2007年初ライブ。小さいハコは久しぶりでした。

前座は同じくオーストラリア出身のWolf & Cub(こっちも狼かい・笑)、ヴォーカル&ギター、ベース、ドラムが二人の変則的な構成。リズム主体の音楽なんですけどなんか変。すごく変(笑)。サイケ度かなり強かったです。曲にバラエティが増えてもう少しのりやすいメロディーなんかがついて、さらに演奏に磨きがかかればものすごく踊れるライブの楽しいバンドに成長すると思います。面白かったです。

そして本編のWolfmotherなんですが…いやーほんと楽しかったです。まだアルバム一枚しか出してなくて来日もフジとこの単独の2回の新人扱いな彼ら、しかしそこいらの中堅ぶってるバンドたちよりよっぽどいいパフォーマンスだったと思います。ヴォーカルよく声通るし、音楽的にライブのほうがサイケ度を増して楽しくなるのも美味しいし、案外いろんなふうに踊れて気持ちいいです。ライブ向きですね。

アルバムと同じDimensionからのスタートでいきなり盛り上げるのもよし、ヒット曲のLove TrainやWomanを最後まで引きずらず中盤のいい位置で入れてたのもよかったです。テンポ速めの曲ではモッシュも起こってたり…(笑)大変盛り上がりました。けっこう曲数やってたからアンコールは無いかもなと思ってたんですけど、気合入りまくりで4曲もやってくれました。しかも1曲はもしかすると狙っていた人も意外に多かったかもしれないツェッペリンのカバー!気づいたらそのたった一枚しか出してない彼らのアルバム全曲を演奏していたというのもまたファンには美味しい話で。

大満足でした。


【セットリスト】

Dimension
Pyramid
Apple Tree
White Unicorn
Love Train
Where Eagles Have Been
Witchcraft
Tales From The Forest Of Gnomes
Woman
Mind's Eye

-Encore-
Vagabond
Colossal
Communication Breakdown (Led Zeppelin Cover)
Joker & the Theif


しっかしあの「イッショニオフロニハイロー」のMCは…(笑)観客にコールまでさせるとは(笑)


ラベル:Wolfmother
posted by きょん at 23:54| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ◆Live Reports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私も大阪のクアトロでのライブに行きました。
Wolfmotherはおっしゃるとおり、ライブ向きですね。
古臭くて新しい音が、気持ちよくて仕方がなかったです。
ツェッペリンのカバーも、素晴らしかった。
これからの活躍に期待ですね!

また遊びに来ますね。
Posted by ASA at 2007年03月05日 21:17
>ASAさん
はじめまして!コメントありがとうございます!
今時の若いバンドにしてはドッシリしてていいと思います。ライブも落ち着いていて良かったですよね。次作も期待しましょう!
Posted by きょん at 2007年03月08日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

WOLFMOTHER
Excerpt: WOLFMOTHER 2007.1.29 Mon at.心斎橋クラブクアトロ かつて『銀狼怪奇ファイル』というドラマがあった。堂本光一さん演じる主人公が、普通の少年“耕助”とIQ220で..
Weblog: あいうえおブルース
Tracked: 2007-03-05 21:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。