2007年07月13日

心機一転

3_09_07josh.jpg

以前からときどきつけているパソコンのデスクトップの壁紙記録。かなり長い間NINシリーズを貫いていたのですが上のジョシュ・フリースの写真(from 公式サイト)を最後に思い切って変えてみました。とはいえ引き続き(?)NINファンにもお勧めなダークな世界観が素敵なこちらの絵、ポーランド出身ベクシンスキーさんの作品です(以前別の場所で触れたことがありますが)。

zdzislaw_beksinski_P1035_000308.jpg

いやほんと画集買おうかと思うぐらいいい感じの画家さんです。この作品なんかはまだかなりとっつきやすいほうで(デスクトップにあまり強烈なのはちょっと、笑)、興味ある方は下のリンクで見ていただければわかると思いますがほんと真っ暗、荒廃、絶望、幽玄、ものによってはかなり引く方もいるであろう強烈な個性を放つこの世界観。「3度見たら死ぬ絵」なんて呼ばれているものもあるほど(私はもう何回も見てますが)。怨念か何かが宿っているような説得力ですよね。でもとても綺麗。(その辺りがNINと雰囲気少しかぶってるんですかね〜)

■Zdzislaw Beksinskiさんの作品閲覧はこちらでどうぞ




ラベル:wallpaper
posted by きょん at 06:19| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベクシンスキーの画集持ってますが
正直、あの絵を飾ってある家には伺いたくないです
妖しすぎる…

あ・日本版画集プレミアついてますね
Posted by ねんそ at 2007年07月13日 21:34
>ねんそさん
画集持ってるんですか!いいなあ。すごく欲しいんです。レア物になってしまう前に買うべきですよね。USアマゾンだとちょっと安いので本気で検討いたします。
しかしこの人の絵は飾るのには向いてませんよね(笑)人を呼べなくなってしまいます。画集をパラパラと眺めているのがいちばん良いのかもしれません。
Posted by きょん at 2007年07月14日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。