2005年08月05日

サマソニの心得B 女子の皆さんへ

前方の激しいエリアでがんばる女子の皆さんへ。汗だの油だの化粧だの、いろいろ悩みます。が、はっきりいって気にしても無駄!

化粧は汗で流れていつの間にやらスッピン。制汗剤は焼け石に水、油よりも汗って感じで油とり紙も役立たず。眉毛がない人は要注意です!「まろ」確実です!今から生やせ〜(笑)とにかく汗、汗、汗。量が半端じゃないです。

対策としては…、
(私は普段からメイクはナチュラル派なので、あまり参考にならないかもしれないけれど…)

■「どうせ崩れてしまう」ことを前提に、メイクは最初から控えめが良いです。直しても直しきれないと思いますので。アイメイクはもちろんウォータープルーフ(これでも耐えられるかわからない)。
■どうしてもあぶらとり紙が必要な人は、ビニール袋に包んでからかばんに入れましょう。でないとかばんの中まで染み込んだ汗でふにゃふにゃになります!「油とる前に汗すってるよ…」状態に。
■日焼けだけはほっとくと大変なことになるので(健康にもよくないし)、野外ステージ中心なら日焼け止めは必需品ですね。とれやすいのでこまめにぬりましょう。サングラスは危ないのでやめましょうね。

でもあの場にいると不思議と気にならなくなったりします。大丈夫!みんなアーティストに夢中で自分の顔なんて見てないって!

あと、周りに迷惑をかけないように注意したいこと。
・長い髪は束ねましょう。かといってポニーテールも長すぎるとブンブン振り回すことになるので、うまくコンパクトにまとめましょう。でもピンは使わないほうがいいです!動いてるうちに何かの拍子で刺さるかも!
・流行りのストローハットなど、つばの広い帽子は周りから見たら邪魔なのでやめましょう。


こちらはフジロックのファンサイトですが、フェスに行く女の子ならサマソニでも役立つことがいっぱい。FAQなどはかなり参考になります。雰囲気もよくてオススメのサイト。

フジロックフェスティバル女子寮
http://voxsnrock.hp.infoseek.co.jp/album/snrfrf/

サマソニは山の中のフジに比べれば環境はかなりましだと思います。キャンプするわけでもないので、夜の冷え込みを気にすることもありません。大阪会場も数年前までは野外ステージの砂埃がひどかったらしいですが、昨年(2004)は前方のみ緑色の(人工芝のような)シートが取り付けられていて、それほど砂埃は気にならなかったです。しかも、うわさでは現在WTC前はコンクリートの駐車場になっているとか…??本当かどうか知りませんが。コンクリだったら暑いなぁ…。

ともかく、細かいことは気にしない。そして周りへの気遣いを忘れずに。体調を整え装備を万全にして、めいっぱい楽しみましょう!


♪BGM: Oasis / Heathen Chemistry



posted by きょん at 02:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●サマソニの心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。