2005年09月14日

Mew / And The Glass Handed Kites

Mew.And The Glass Handed Kites.large.jpg

本日発売、Mewの(メジャーでは)2ndアルバム。すごいもん聴いちゃったーー!!まさかここまで期待を裏切ってくれるとは。もちろん良い意味で。

Mew独特のメルヘン&予測不能さはそのままに、前作Frengersに比べるとダークで複雑で深く、スケールは格段にアップ!!

全ての曲がつながっててアルバム全体で長い1曲のようになってるのがすごい。曲の色合いをある程度統一してて、流れるように「自然に」次の曲へと移っていきます。曲の切れ目がわかりにくく、それどころか……うまく言えないんですけど、とにかく「全部で一つ」なんです。まるで一つの映画を見ているかのよう。

キャッチーさは前作のほうが上だと思います。Am I Wry? Noのような「キラーチューン」もないかもしれません。それでもT1 "Circuitry Of The Wolf"〜T2 "Chinaberry Tree"の劇的な展開、(聴きながら思い出しました、これ、サマソニ大阪のライブの最初にやってました)、T5 "Apocalypso"のグングン加速していくような感覚といい、T7 "The Zookeeper's Boy"の壮大さといい、どの曲も素晴らしいです。T14 "Louise Louisa"の最後のフレーズ"Stay with me Don't want to be alone"の、ヨーナスの痛々しいほど情感こもった歌声。そしてそのあとうるさいギターで感動をぶちこわしたりしない、傷を癒すかのように入ってくる優しいピアノ、T15 "Forever And Ever"。欲しい音が欲しいタイミングで来る。実に自然に、流れるように。(Forever And Everは日本盤のみのボーナストラックなんですけどね。ボートラってあとからくっつけられただけに、アルバムの世界観を崩していたりしてガッカリさせられることも多いですけど、この曲はそんなことないです。良い流れです)

とにかくまず、アルバムを最初から最後まで通して聴いてみてください。Mewが、色とりどりの幻想的な世界へ連れて行ってくれます。いろんな景色を見て、そしてまた帰ってきてください。あまりにもせつなく美しい余韻があなたを包むことでしょう。


あと、国内盤にはWhite Lips Kissedの日本語バージョン、「白い唇のいざない」がボーナストラックとして収録されています!ヨーナス、意外に日本語うまいぞぉ!!(笑)


♪BGM: Mew / And The Glass Handed Kites
放心。そう、今、こういうのがすごく聴きたかった。


ラベル:MEW
posted by きょん at 23:58| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そ、そんなに良いんですか今作!?
買おうとは思ってるんですがその感想聞くと輸入盤まで待てませんねぇ。
プログレっぽいってどこかに書いてあったんですがそんな感じでしょうか?
しっかし今年って良い作品多すぎないすか?(笑)
Posted by Fafnir at 2005年09月16日 01:53
>Fafnirさん
ファンの中では新作最高って意見とFrengersのほうがいいって意見と両方あるみたいです。
これ、私はかなりツボでしたねぇ!!衝撃は今回のほうが上でした。
プログレっぽいって言われるのも何となくわかります。
曲展開とか、以前から予測不能な感じはありましたけど、
今回はそれがさらにパワーアップですよ。
それも曲単位ではなくてアルバム全体に適用されてます。
買ってからこればっかり聴いてるんですけど、
アルバム全部通してじゃないと聴く気がしないです。
息をつく暇もなく景色がめまぐるしく変わっていく感覚がたまらなくて。
音も前よりヘヴィで勢いあります!

値段にそれほど差がないなら日本盤買って損はないと思いますよ。
タワレコなら先着でジャケサイズステッカーもつきますし。
これであの微妙なジャケ問題も解決!(笑)
「白い唇のいざない」、単独ライブで合唱…なんてあったら楽しいですよね(笑)

今年は豊作ですねぇ……
Posted by きょん at 2005年09月16日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。