2005年11月25日

ROOSTER大阪公演

行って参りました。
整理番号は1組50番台、かなり早いほうで最前列確保できました。
周りは女の子ばかり。
若くてルックス良し、誰でもノレるキャッチーなサウンドとくれば
女の子ウケがいいのは容易に想像できますね。
始まった途端やっぱりきた、微妙に黄色い声の混じった歓声。
このバンド、バンドそのものはロックで男らしくていいんですが、
ファンのせいで若干アイドル臭漂ってるところが……複雑。

とりあえずイカツイ野郎どもが暴れまくるなんてこともなさそうだし安心、
と思ったのが間違いだった。執念深い女ほど怖いものはない。
斜め後ろの女の人が最前列に割り込もうと無理やり腕を入れてくるので肩が痛い痛い。
あまりに押すので柵がアバラに食い込んで折れるかと思った。
あの人ライブ中ずっとあんなことしてて本当に楽しめたんだろうかと疑問がわく。

マナー知らずな客がいたことにはガッカリしましたが、
ライブそのものは良かったと思います。
演奏は安定していたし、客もそれなりにノっていました。
ただ、まだアルバム一枚しか出してないってことで、
ライブ一本やるとなるとそれ以外からも曲を引っ張り出してこないと数が足りない。
だから知らない曲も多かった。それはそれで悪くはありませんでしたが。
新曲も披露してくれましたしね。(これもなかなか良かった)

ただ…最初からアンコールするつもりなのが
見え見えなセットリストっていうのはどうなんでしょう…?
COME GET SOMEもSTARING AT THE SUNもやらずに
公演終了なんてことあるはずもなく、
こりゃ〜またすぐにアンコールやな、ってのがバレバレ。
それで本当にすぐ戻ってきたし(笑)
そのあとのアコースティックバージョンのANGELS CALLINGはすごく良かったです。
あとはヒット曲で締めくくり。
COME GET SOMEはやっぱり盛り上がりますね。

そんなわけで、今日のまとめ。
・これからが楽しみなバンドであるとともに、次のアルバムこそ勝負なバンド。
・アイドル臭漂うバンドは最前列付近に怖い女がいる…可能性がある。
・アンコールを安売りするべからず。形式化してはならん!と個人的には思います。
・何だかんだ言ってやっぱりライブは楽しい!!

2005.11.25. Namba Hatch
[SET LIST]

GOOD TO BE HERE
PLATINUM BLIND
SHE DON'T MAKE ME FEEL
STANDING IN LINE
GET UP
EVERYTHING MOVES SO FAST
DEEP AND MEANINGLESS
LETTING GO
DRAG THE SUNRISE DOWN
TELEVISION
ON THE ROAD
YOURE SO RIGHT FOR ME
JOYRIDE
----------------
ANGELS CALLING
STARING AT THE SUN
COME GET SOME

がんばれROOSTER!!
Staring At The Sunが本当の本当に合唱になるその日まで!!


♪BGM: Mogwai / Happy Songs For Happy Peaple


posted by きょん at 23:56| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆Live Reports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
roosterのアルバム結構気に入ってます。
デビューアルバムにしてすでに出来上がってる
バンドって感じします。Liveの実力もなかなか
なもんなんですねえ〜アルバム1枚じゃなかなか構成は難しいでしょう。いずれにしても次のアルバムでどうなるか勝負の分れ目かも・・・
Posted by creem-soda at 2005年11月26日 07:31
>creem-sodaさん
はじめまして、でしょうか?コメントありがとうございます。
同感です。新人にしてこのアルバム、かなりの完成度だと思います。
ほんと次が勝負ですよね〜。
Posted by きょん at 2005年11月26日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。