2006年08月25日

Japanese People

韓国人はうっとうしいくらいたくさんいるけど(笑)、意外と少ない日本人。日本語は全く聞こえてきません。その理由がちょっとわかりました。

今日はテストの結果によるクラス分けがあって、私は6段階中Level 4。Level 5以上だったら大学の授業が一部受けられるので、惜しいとこです。そこで何人かまた日本人と知り合って、オリエンテーションを受けて教科書を買ったあと、一緒にごはんを食べました。

で、最初からもう暗黙の了解で会話が全部英語なんですよ。皆よく喋る喋る。よくそんなに次から次へと英語が出てくるもんだ。よくよく聞くと文法間違ったりしてるんだけど、かなり喋り慣れてる感じ。すごいぞ日本人がんばってるぞ!(笑)どおりでアジア人はたくさんいるにも関わらず日本語が聞こえてこないわけです。韓国人の友人たちと会話するときより2倍くらいスピードが速い、気がします。

同じクラスのMakikoは私と同じアパートに住んでいて、部屋番号をおしえてもらいました。ルームメイトがアメリカ人で、かなり英語の訓練になっているとか。遊びに行かせてもらうことにしました。わー、どきどき。

あともうひとつ!

私の期待していたことのひとつ。ラテン系の知り合いができました!コロンビア出身の女の子、Lala。ちょっとだけスペイン語で会話しましたよ。わーい嬉しい。目鼻立ちのハッキリした小麦肌の可愛い子です。


Level 4のクラスは先生もナチュラルスピードで話すし、生徒も流暢。ついていけるか不安ですが、これぐらいのほうがやりがいはあるかも。かなり鍛えられそうです。がんばりますよ!だって私は勉強しにここへ来たんですからね!!


posted by きょん at 19:44| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

No more f**king LONG GRAIN

美味しいお米が食べたい。和食が食べたい。

外で美味しい日本食を食べることはほぼ不可能なので、自分で作るしかありません。ということで、米(日本の!)を探すことにしました。

今日行ったThe Market Placeのスーパーにもお米はありましたがタイ米とかLong grainばっかり。おまけにジャスミンの香りがついてたり、紫色だったり(そんなのいらなーい)。ラテン系移民の多いこの地域ではメキシコ料理がかなり人気で食材もレストランもたくさんそろっていますが、それも全部Long grain。あーあ。

でもでもよーく探すと「防腐剤・香料・着色料不使用」の白くて丸いお米がありました。イタリアのお米でした。これはもしや、いけるのでは?これに出会えたときは本当に嬉しかったです。1箱購入。

部屋に戻ってから再び近所のVonsへ行って、アジアンフードのコーナーをよーくよーく見ました。するとあるじゃないですか!「Rice for Japanese Sushi」!!紙袋に入っていて中身が見えず形は確認できません。でも明らかに他のお米とは違う場所にあるし、袋にでかでかと漢字で「米」と書かれているのできっと大丈夫でしょう。日本製品ではないようですが。ありがたいことに裏面に炊き方も書いてあります。鍋も買って、よし、今日こそ白いごはん!!

〓〓.jpg

気合を入れて(?)本日の夕食は豚肉のしょうが焼きです(お肉高いよ〜)。みりんとお酒がないので「もどき」ですが。Vonsで買ったほうのお米(丸い!)をといで、水と一緒にお鍋に入れて、しばらくおいて火をつけます。はじめは弱火。ポークチョップはしょうがと醤油と砂糖で下味つけてフライパンで焼きます。付け合せは冷蔵庫に残った玉ねぎとミックスベジタブルをバターで炒めて。ごはんは20分ぐらいしたら火を強めて仕上げ。

じゃじゃーん。できあがりました!!
060824dinner.jpg


ごはん炊けましたよー!!鍋で!!底のほうちょっと焦がしちゃったけど、美味しく炊き上がりました。うれしいー。お茶碗もお箸もなくて盛り付けは洋風です(笑)

白いつやつやごはん、っていうだけで泣きたいほど幸せ。美味しい。食事が不味いと食べる気がなくなってどんどん食が細くなっちゃうんですよー。危険ですね。私は食べても太らない体質です。ということは、食べなければどんどん痩せるタイプです。痩せるっていうかやつれるんです。だから美味しいものをしっかり食べなきゃだめなのです。

食事に希望が見出せた日。良かった。
posted by きょん at 19:12| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tower Records in Long Beach

朝コンピュータールームのオリエンテーションを受けてから(これがなんと日本語対応していない)、バスに乗ってMarina Pacificaというショッピングセンターへ行きました。日本で調べておいたのですが、ここにはタワレコがあるんですよ!!もうそれだけのために行きました(笑)。見慣れた赤いロゴ。

ま、でも行ってみて特に感動ってこともなかったですけどね(笑)。だってそんなに日本と変わらないし。広さも同じぐらい。入っていきなりMUSEの新作が流れてて嬉しかったぐらいですかね(笑)。日本のように話題作が出るたびに特設される大きなポップで飾られたアーティストコーナーは、こっちにはまったくありませんでした。棚の一角に話題作だけ集めてあったり、試聴機がパラパラあるぐらいです。ともかく、私が欲しがりそうなものはほぼここで買える、それだけ確認できたので良いのです。

ショッピングセンター全体も見てみましたけど、そんなにおもしろくないですね。こういった中規模のショッピングセンターは一定の間隔で点在していて、どこもだいたい同じなのです。スーパー、メキシカンレストラン、パソコン製品、etc...

向かい側にあったThe Market Placeのほうが良かったです。作りもおしゃれで、専門店が集まっているという感じ。ここに「Haru Haru Sushi」っていう寿司レストランがありました(笑)。でもなぁ〜、何だかアメリカ人が美味しそうに焼きそば食べてるのを見ると、違和感が(笑)。いつかチャレンジしてみたいけど、寿司じゃなくてSushiなんじゃないかなぁ。今日は断念。

そのうちLong Beachのダウンタウンにも行かなくちゃ。

posted by きょん at 18:54| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Californian Sunshine

ロングビーチは温暖で乾燥した地域です(おそらくLA周辺は全部そうでしょう)。毎日快晴です。日差しが強くて日焼けに注意しなければならないのは日本の夏と同じ。ただし空気が乾燥しているので比較的涼しく(特に日陰)、汗はほとんどかきません。帽子、サングラス、日焼け止めは必需品。水分補給も忘れずに。

青い空、暖かいベージュの建物、背の高いパームツリー、広い道路。高い建物が少なく空が大きく見えます。これがロングビーチの典型的な景色。

部屋にこもっていると時々心細くなるけど、外に出てこの明るい景色を見ると自然と気分が晴れます。大地はこんなにも大きくて、空はこんなにも青い。
posted by きょん at 16:50| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

Food

もう何度も書きましたがこちらの食事は不味い。アメリカ人の味覚を疑います。本当にあれが美味しいと思っているんだろうか…(苦笑)。味付けも火の通し加減も、何もかもが大雑把。素材の良さや微妙な食感の違いなど、繊細な味を好む日本人には大変つらい環境です。舌の肥えた人ほど、つらいです。

店もファストフードばっかりで、そもそも食事らしい食事がないんですよね。たぶん外で美味しいものを食べようと思ったら、ダウンタウンまで出て行ってそれなりのお金を払って、中高級の「レストラン」に入らなければまともなものは出てこないでしょう。

だからこそ余計に自炊しなければ、と思うのですが、困ったことに材料もなかなかそろいません…特に日本料理を作ろうと思うと。最悪なのが米で、スーパーで見かけるのは「Long grain rice」ばかりです。パサパサの、長い粒の。美味しいお米さえ手に入って白いごはんが炊ければ、材料はちがっても適当に日本風に味付けして食べられるんですが。醤油を持ってきたのはいいけど、白いごはんがないのに醤油味のおかずを作ってもなぁ、という感じなのです。(でももう耐えられないから、ごはん無しでも作ってやるー)


* * *

今日はいいことがあったのです!韓国人の友人たちが韓国料理を作ってごちそうしてくれたのです!なんとお米を持ってきてるそうで(笑)。数日ぶりに食べた東アジアのお米は美味しかったですー。おかずはやっぱりキムチだらけで辛かったけど(笑)。汗かきながら食べてましたが美味しかったですよ。アメリカのものよりずーっと、ずっと。

いつか日本料理を作ってあげる、と言っておきました。材料さえ手に入ればですが。日本人のTomoは寮の食事で寿司が出されたそうですが、お米は美味しくないし中にはきゅうりとピンク色のお肉が入っていたとか何とか。寿司じゃなくてSushiだったんですね。

あーあ。美味しい和食が食べたい。

* * * * * *

それとそれと!!

今日ついにNINのTシャツを着た若い男の子を見ました。背中に見覚えのある大きなロゴが、と思ったらやはり。halo eightって書いてたからきっとかなり年季の入ったファンですね(笑)。

私も持ってくればよかった(笑)バンドTで持ってきたのはMUSEだけなんですよね…。
posted by きょん at 19:55| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I want to ride my Bicycle♪ Bicycle♪

寝坊してしまいキャンパスツアーは不参加(選択式)。一応バスに乗ったけど方向を間違えてしまったので、そのまま様子みてK-Martの近くで降りました。あれほど探しても見つからなかったK-Martは、昨日オリエンテーションでもらったガイドマップに載っていて、私が歩いていたのとは逆の方向にありました。

その向かいにはBicycle Centerもあったのですが、値段を比べた結果K-Martのほうが安いということで、さらにその中でも一番安い女性用のを買いました。69ドル。しかしアメリカで売ってる自転車ってどれもこれも「マウンテンバイク」なルックスなんですよね。ママチャリ(もしや方言?)なんて皆無。いかつくて強そうなのが好まれるんですかね。基本的に車社会なので自転車というと本当に好きな人しか乗らないとか?いやいや昨日のオリエンテーションでもアシスタントの学生が乗ってて超便利って言ってたし!私も活用しますよ!

帰りはもちろん乗って帰りました。安物だからかあんまり乗り心地はよくありません。サドルが硬い。そして腕の長さが違うのかな、ハンドルが遠い気がするんですけど(笑)。

まあ良いのです。たった4ヶ月。これと地図さえあればいつだってどこだって行けます!!この自由さが魅力なのです!バス乗り放題の学生定期(30ドル)と迷ったんですけど、時間を気にしなければならないことと、土日は運行していない路線がけっこうあること、乗り継ぎが面倒なことなどを理由に自転車に決めました。
(ついでに言うと、自転車は環境にもやさしいし、運動にもなるし、いいことずくめ)

自転車こぎながら頭の中でずっとQueenのあの曲が流れていました(笑)。
posted by きょん at 18:57| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

Orientation

学校です!オリエンテーション初日です!

昨日場所を確認したとはいえ、ちょっと朝のんびりしてしまって徒歩では間に合わないかも…と迷っているところに例の韓国人集団が。「学校どうやって行けばいい?」と聞くと、「これからみんなで行くところだから一緒においでよ」と。韓国人多すぎるって…20人くらいいるんですけど(笑)。そのほとんどが女の子。みんな同じ学校から来たらしいです。日本人は見かけないのになあ。

韓国語全くわかんないので母国語で会話されると理解できません。でも同じアジア人で親近感あるのかな、けっこう話しかけてくれます。もしかしたら私が寂しそうに見えたのかも(笑)。何人か積極的に私と話してくれる子がいて、お友達になりました。パチパチ。問題は、韓国人の名前は覚えにくい、ということ。何回聞いても忘れる…。

バスで行くはずが乗り遅れてしまって遅刻。でも日本とちがって時間にはそれほどうるさくないみたい、笑顔で"It's OK."なのです。オリエンテーションの部屋に入ると、うわー何これ黒髪ばっかり、ほとんどアジア人やん、ていうか韓国人やん(笑)。パスポートをチェックしてもらうのにサウジアラビア・韓国・日本・その他と分かれていたのでこれでおおよその日本人の割合がチェックできました。予想以上に少ないです。このコースの学生が100人くらいいるとしたら、日本人は10人もいないんじゃないかと思うほど。

初日のオリエンテーションではクラス分けテストもありました。
Writing, Reading, Listening, Grammar, Vocabraryの5つ。
Writingは完全に失敗しました(笑)エッセイだったんですけど、ちっとも面白くない内容になってしまいました。Readingが案外難しくて(穴埋めで、半分くらいが穴なんです・笑)、残るListening, Grammar, Vocabraryは受験英語を乗り越えていれば楽勝という感じ。特に日本人にはGrammarは簡単だと思います。

問題を解きながら…
If I were you, 〜〜 →もちろんフーバスを思い出す
I could enjoy the party, but ... →アンドリュー兄貴

はい。もう私はアホです(笑)

テストの後はグループ別で行動。ここで「Tomo」という名札をつけた女の子、ええそうです日本人とようやく出会いまして、友達になりました。一応英語で会話してます。自分のためです。彼女はこの大学のジャズ部に入りたいそうで、かつては軽音部所属でGreen DayやNirvanaやGood Charlotteをコピーしていたとか。まあそれで少しの間音楽トークになるんですけどね(笑)。でもTomoはロックよりジャズが好きみたい。Museの名前を出したときにHeavy metal?と聞かれてびっくりしました(笑)。たぶんこの子とはこれからも仲良くするだろうなぁ。小柄で可愛らしい雰囲気の子。

Lunch Breakはキャンパス内のカフェテリア(ファストフード店っぽいのが集まってる)で食べました。あんまり美味しくないなあ。アジアンフード店らしき「Panda Express」にごはんものがあったので「米ー!!ごはんー!!」と飛びついたんですけど、あのいわゆる長いパサパサのやつで、私たちが米と認識しているものとはかけ離れた食感でした。ピラフなら、まだ何とかいけるかな…うーん…。野菜炒めのにんじんがほとんど生なんですけど…ガリガリガリガリ。

大学内を移動しながらのオリエンテーション初日は終了、明日・明後日は選択可ですが私はたぶん行きます。大学のこと知りたいので。ロングビーチ周辺のこととか、いろいろと有益な情報ももらえてありがたい!!

帰りにまたBellflower通りでKマートを探すけど、どうしても見つからないので今日もあきらめる。あー早く自転車ほしい。バス定期より得だと思う。帰ってから、もらった資料に自転車ガイドが入っていて自転車屋の位置が地図で示されていることに気づきました。ちょっと遠いみたいです。時間のあるときに行ってみます。

部屋に戻るとごっつい体系のおじさんたち(スペイン語話してた)がベッドの部品とマットを運んでいました。え?私の部屋に?ここにもともとあったものは古いものだそうで、新しいのに取り替えてくれました。そして「あとルームメイトが3人来るよ」と。えー!やっぱり来るんやん!!(最初は寂しかった癖に、いざ一人で暮らす準備をし出すと一人のほうが気楽だったり…)そしてやって来ました。綺麗な英語の背の高いお姉さんが。イギリス人でした。が、しばらくして出て行ってしまいました。もっと大きい部屋に移ったとか。え、もしかして私の第一印象悪かった?(苦笑)MUSEのTシャツ見せれば良かったかな(なんでやねん)

ま、気にしない気にしない。いつ来るのかはわからないけど、そのうちルームメイトができるということで。自分一人の好き勝手なお城暮らしは控えます。ちょっと自由に使いすぎましたね、あはは。

夕食はまた向かいのスーパー「Vons」で買出しをして自炊。今日は料理の本を見ながらグラタンに挑戦。だってオーブン付ですからねー。ほんとはドリアのレシピなんだけどお米が炊けないのでパングラタンで。ミックスベジタブルとたまねぎとハムを入れて。我ながら美味しい…。ていうか外の食事が不味すぎるんです。食事が合わないっていうのは本当につらいですね。それだけで帰りたくなりますからね(笑)


今日は友達ができてよかった。安心できた半面、韓国人はあまりにも「群れる」ので、ちょっとその「私たちいつも一緒」な空気に違和感を覚えました。これって日本人だけじゃないんですね。農耕民族特有なんですかね。そういうの、私はちょっぴり苦手なんです…。それにここはアメリカなのに。あまりに一人ぼっちも嫌だけど(どっちやねん)。ま、でも同じアジア人として心強いのは確かなんで、仲良くなりたいです。


ちょっとずつ空き部屋にも人が入ってきます。近所に真っ黒髪で眉毛濃くてお目目パッチリの、いかにもラテン系な双子の男の子がやって来ました。やっぱりスペイン語しゃべるのかな。廊下でリフティングしてるし、絶対中南米系だな、と勝手に予想してますが。そのうちもっとしゃべれるかな。


明日はキャンパスツアーです。

早く早く自転車を手に入れたい。
posted by きょん at 19:59| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

up n' up n' up

日本では携帯を頼りにしていて腕時計を持たなかった私は、こっちに来るときも時計を忘れました。携帯はデジカメ代わりに持ってきたけど電話としては使えません(時計も日本時間のままなのです)。たまたまキッチンのオーブンに時計表示があったのでそれを頼りにしています。時差を計算したうえで携帯のアラームを設定し、起床。二度寝。起床。そして12時。

昨日買ったシリアルで朝+昼食。これはまだ美味しいかな。ゆっくり食べてるとだんだん甘くなってくるけど。

この日は半日かけて周辺を歩き回り、さらに必要な日用品を買いました。

で、どこへ移動するにも必要な、地図がとにかく欲しくて欲しくて、いろんな人に「Is there any bookstore around here?」と聞きまくったけど「近くにはないなあ」「ごめんなさい、知らないわ」と言われ凹。スーパーのお姉さんにきいてようやく「この道をずっとずっと行って(up n' up n' up this way)、Bellflowerまで来たら左に曲がって行くと、右手に○○が見えてくるわ。○○って知ってる?本屋さんの名前なのよ」と、案内していただけました。○○はよく聞き取れなかったけどとにかくBellflowerまでup n' up n' up、そしてleftだな、と思ってひたすら歩く。けっこう遠かったけど着きました!「Books, Music, DVD」などと書かれた建物。やったー!同時にCD買えるところも見つかったー!!(結局それかい)

日本で言う「旭屋書店+新星堂」みたいなもんでしょうか。2階建てでけっこう広くて、一通りの本は置いてる感じでしたよ。2階の一角に地図コーナーがあって、ここでやっとロングビーチ周辺の地図を入手。6ドルくらい。ついでにCDコーナーものぞく(笑)。私はちょうどそのときMUSEのTシャツを着てまして、おおおアメリカでもMUSEちゃんと置いてあるやん、よしよし、と確認。

そこは大きなショッピングセンターの集まりのような場所で、同じ敷地内には「Sears」もありました。日用品はここに来れば一通り手に入りそうです。あと自転車が欲しかったんですがここにはなくて、お店の人にきいたら「Bellflower通りをずっと下るとK Martがあって、そこで手に入るわよ」とのこと。Kマートと聞いて映画「レイン・マン」の「Kマートのパンツじゃなきゃだめだ」の台詞を思い出しニヤリ。布団一式をクレジットで購入し、店を出ます。

布団一式抱えてBellflower Blvd.をずっと歩くけど全然見つからない。途中左手に緑がいっぱい見えてきて「公園か学校かな?」と思ったら私が通う予定のCalifornia State University, Long Beachではないですか!(正確には大学付属の語学コース)明日からここへ来ればよいのねー。日が暮れてきたためKマートは断念。また探そ。

帰ったら買っておいた材料で自炊開始。ここへ来て初・料理。深めのフライパンを鍋代わりにパスタをゆで、たまねぎいためてトマトとハム切って、ベビーほうれん草と一緒にパパパーといためて、塩こしょうで適当に味付けて完成。超いい加減だけど、こっちに来て食べたなかではいちばんまともなものの気がする…。それくらい、私にはこっちのものは合わない。自炊がんばろ。節約にもなるし。

食べ終わって片付けて、また家具をちょっと移動して、布団一式をベッドにセットして。

疲れたけど、大学の場所もわかったし、本屋もCD屋も見つけたし。Searsもあるし。

少しずつ、生活の基盤ができつつあります。
posted by きょん at 19:01| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

Fly Away

飛び立ちました。何とか無事に到着しました。初日から大変でした。留学日記スタートです。書きたいことたくさんあって、ちょっと長いです。

中途半端な時間の中途半端な味の機内食に、これまた中途半端な時間の消灯。体内リズムがついていかずほとんど眠れませんでした。関空20日15:25発のサンフランシスコ20日9:30頃到着(いずれも現地時間)で、飛行時間は約10時間。簡単な機内食が2回出ました(夕食・朝食)。

私はサンフランシスコでいったん乗り継いでからロサンゼルスに向かうことになっていたのですが、例の事件でセキュリティチェックが厳しくなっているアメリカでは入国審査にかなりの時間がかかり、乗り継ぎが本当にギリギリになってしまいました。広い空港を「ユナイテッド航空 ロサンゼルス行き11:01発」目指して走り、超スペイン語なまりの英語で何言ってるのかほとんどわからないおじさんに荷物をあずけ、飛行機に乗ったのは出発5分前でした。あー焦った。アメリカに行かれるときは時間にかなりの余裕をみましょう。

そしてロサンゼルスに着いてからがさらに大変で、大学のスタッフがシャトルバスまで案内してくれることになっていたのに、姿が見えない。国際線はいちばん大きなターミナル「Tom Bradley」に着くからそこで待ち合わせだったのですが、私はいったん乗り継いで国内線のターミナルに到着したため移動に時間がかかったせいもありますが(ロサンゼルス国際空港はとっても広く、各ターミナル間を無料のバスで移動するのです)。Informationのおばさんにお願いして放送もしてもらったけど全く現れる気配がないので、もう自分でアパートまで行くことに。

人に聞きながらロングビーチ方面のシャトルバス乗り場へ行き、ごっつい黒人のおじさんが重いスーツケースを積んでくれて、ターミナルをぐるぐる回って客を探しながらゆっくり出発。

私の他にラテン系と思われる(ちょっとスペイン語なまりの英語だった)おばさんが「セキュリティチェックがすごい列で着くのが遅くなっちゃったわ、あなたどこから来たの?日本?海外が初めてなの?そうなのー英語なかなかお上手ねぇ、私も学校で教えていたのよふふふふふ、お菓子食べる?このチョコレートおいしいのよ」と、初対面にもかかわらず私の肩に手を回したりしてとってもフレンドリー。気さくで明るくて世話好きそうなこの人、やっぱラテン系じゃないのかな(笑)。ヨーロッパを14日間旅してきたそうで、私が観光ですか?と聞くと「No. Pilgrimage.」と。一瞬「?」がよぎりましたがすぐに思い出しましたよ「巡礼」。さすがキリスト教社会ですね(こんな敬虔なところもやっぱりラテンじゃないのか)。なんでこんな変な単語を覚えていたかというと、音楽のおかげなんですよ!NINの「The Fragile」に「Pilgrimage」っていう曲があるんですよね。やっぱり洋楽聴いてて良かった(笑)。

途中で一人お客さんが増えます。「私も近くに住んでるから何かあったら電話してね」と番号の書かれたメモを私に渡して例のおばさんは降りていきました。ロングビーチ空港へ急いでいるもう一人を先に送り、最後が私。ちょっと時間かかったしお金多く払わされた気がしなくもないけれど、とにかく無事に着いて良かった。運転しながらスペイン語でベラベラ電話してるし(ほとんど言ってることわからなかったけど、「今女の子を乗せてる」とか言ってた気がする)、「このままさらわれたらどうしよう」と本気で思いましたよ(笑)。運転手さんは重い荷物を途中まで持ってくれて親切だったんですけどね。警戒しすぎでしょうか(笑)。

夕方5時頃アパートのチェックイン。滞在費をトラベラーズチェックで支払い、鍵をもらっていよいよマイルームへ。2階建ての建物がずらずらと並んでいて、日本で言う「団地」のような雰囲気です。その日は各部屋に家具を運び込んでいるところで、体格のいいおじさんたちが次から次へと家具を運んでいました。

中に入ってみて、最初に思ったこと。「広っ。」

キッチンなんて実家のより広いかもしれないし、大きな冷蔵庫、コンロが4つ、流しが二つ、これまた大きなオーブンに、なんと食器洗浄機までついてました。材料いっぱい広げても大丈夫な調理スペース、たった4ヶ月しかいないのにどうやってこの空間を埋めるの、と言いたいぐらいの収納スペース。寝室も広くて、壁一面に広がる大きなクローゼット(扉は鏡)がありました。

私がここにやって来て最初にやるべき仕事。それは家具の移動と、掃除。

060820kitchen.jpg

キッチンに詰まれたコレ↑を動かさねばならないのです。ベッドも自分で組み立てるのです。移動だけで相当疲れてるのに、へこむ…。でも動かさないと生活できないので、今日は必要最低限だけ移動。

寝室は2つあります。ここは2〜3人でシェアするアパートなのです。が、ベッドのマットの数からしてここに住むのは私一人の様子。空き部屋もあるみたいだし、余裕あるのかも。同居人を期待していただけにかなりガッカリでした。だってこんな広い部屋なのに、一人。寂しい。早くもホームシック?心細くなってきました。アパートではアジア系やラテン系などいろんな言語が飛び交っていますが日本人はまだ見かけません。韓国人がすでにグループを作って仲良くしていたので、それを見るとさらに心細く…。(でも後から思えば、こっちに来てまで母国語喋ってどうするよ、と突っ込みたくもなりました)

疲れきっていたので夕食は外で。通りの向かいにメキシコ料理のファーストフード店がありました。はっきり言って美味しくない。メキシコ料理なら日本人にも合うって聞いてたのになー、これもアメリカナイズされてんのかなー。精神状態のせいもあって食事は楽しめず。

メキシコ料理屋の隣にはスーパーがありました。おお!アパートのこんな目の前にスーパーがあるなんて便利!引っ越してきたばかりなので必要なものは山ほどありますが、今日はとにかく「これが無いと生きていけない」ものだけ購入。

・ゴミ袋
・風呂掃除用のブラシ
・トイレットペーパー
・朝食用シリアル
・牛乳
・水
・プラスチック製のコップ
・タッパー1コ(サラダボウルぐらいの大きさ)
・食器用洗剤(JOYです・笑)
・プラスチックのフォーク、スプーン、ナイフのセット

こんなもんかな…?

海外での初めてのおつかい(笑)。レジのお姉さんの笑顔が素敵でした。置いてある品物はとにかく「でかい」「量が多い」。大きい、ではなくてでかい、というほうが表現としてしっくりきます。物価は高い気がします。日本とそんなに変わらないか、むしろこっちのほうが高いような。一人暮らしの日本人女子としては「もうちょっと少なくていいから安くしてよー」と言いたいとこでした。

お風呂掃除。アパートは外も中もパッと見はとてもお洒落で綺麗なのですが、よくよく調べるとたてつけは悪いしホコリだらけ。バスタブの中には小さな虫も一匹いましたよ。退治しましたが。バスタブと床をブラシで磨き、持ってきたタオルの中から一枚犠牲にして床を拭きました。これでようやく使えます。

短い1日を2回やったような気分でお風呂。お湯の出し方がわからず、水で(苦笑)。でもスッキリして気分が良くなりました。一人っていうのもいいかも。気つかわないし、自由だし。慣れなくちゃね。日本語は封印っていうか、使う機会がなさそう(苦笑)。

組み立てたベッドにはシーツもタオルケットもないけど、カーディガンはおって予備のバスタオルかぶって寝ました。乾燥しているせいか夜は意外に冷えます。明日はふとん一式買いに行こう。
posted by きょん at 21:03| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Days in Long Beach | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。